坂下翠のバッティング講座
まずは、当店でバイトしていた全日本エース坂下翠の軸のぶれないスイングを見てみて!
1 2 3 4 5 6

1. 自然体の構え
2. テイクバックを取る。
  この時、バットのヘッドはあまり頭の方へ入らないように.後ろ足に体重を乗せタイミングをとる。
3. ボールを捕らえにいく。
  足→腰→腕→バットヘッドといったカンジで動いていく
4. さらに腰を回転。
  軸がぶれることなく、左手は伸びきったところでボールを捕らえるのが理想
  (コースによって異なるが)。
  頭はステイバックの状態。
5. フォロースルーへ。手首は自然に返ってます。
6. しっかり、腰を回して回転すればここまでフォロースルーがきます。

バッティング について
◆ 構えは、自然に。
自分がリラックスしてボールを待てるかたちで待つ。
ボールがきたらボールめがけて、 打ちに行きます。
バットにボールが当たる瞬間まで、できるだけボールから目をはなさないように。。
この時、 手打ちにならないように気をつけてください。
右バッターなら右腰をボールにぶつける感じで。
腰をまわさないで、 手だけで打っても、ボールは飛びません。
下半身を使ってうまくボールにパワーを伝えてください。
◆ タイミング
バッティングで一番大切だと思われるのは、タイミングです。
タイミングをうまく合わせられないと、気持ちのいい打球は打てないと思います。
テイクバックをとり、後ろ足に体重をためるタイミングや
体重移動を始め打ちに行くタイミングを身につけてください。
◆ しっかり見続ける
ピッチャーから投げ出されたボールをしっかり見て、打ちます。
始めは、大振りせずにバットの芯で、 ボールを打てるようにこころがけましょう。
◆ リラックス
力いっぱい振ってもあまりいいことはありません。
バッティングは力ではなくタイミングと回転が肝心です。
始めから、 力みまくっていては、自分が今打ちにいこうとする瞬間に
バットが素直にでてきてくれないのです。
◆ バットの振り方
構えたところから打つポイントまで、下半身の回転でバットをもってきて、
そこから素直に腕を伸ばしていきます。
バックスイングはあまり大きくとらずにタイミングをはかる程度で。
バットのヘッドはおとさないように、立ててボールに負けないように振ります。
バットが、自分の体の近くを通るような意識で、
そうすれば自分が打ちにいきたいときに思いどおりにバットが出てくると思います。
バットが大回りして出てきたり、脇があいたり、下半身からうまいこと回してこないと、
イメージどおりにバットが振れないです。

言葉では、うまく表現できません。
ご来店いただいた時に私が居ればアドバイス等もできるかも...
坂下 翠

<Back>
<Top Page>