ここでは、基本のバッティングについて取り上げています。
わかり易くするために、上半身の使い方と下半身の使い方に分けてあります。
基本を理解した上で、個性のあるバッティングに取り組んでもらえればと思います。

 下半身の使い方

 ◆ スタンス

肩幅よりやや広めでスタンスをとります。
両足の内側に体重をかけ、膝を内側に締めます。

 ◆ ステップ

ボールの来るタイミングで前の足を後ろ足のほうに引き寄せます。
すり足、ステップ、足を上げるといった形を試して
一番タイミングの取りやすいフォームを研究してください。
この引き寄せによって、体重が後ろ足のほうにかかります。
このとき後ろ足の太ももから膝にすべての力をためます。
膝が外に開くと、その力が逃げてしまうので注意してください。
そして前足を前へ出していきます。
前足を出す幅は、一番振りやすい幅でいいと思います。
注意点
前足の足の内側から踏み込んでいく
つまさきが開かないこと
全体重が前足に移らないようにすること

前足に体重がすべて乗るのをタメのない状態といいます。
変化球への対応、インパクト時にボールに体重を乗せるためにも
この下半身のタメはしっかり身につけてください。

後ろの足は、親指を軸に回転しますが
後ろ足の膝で股間を閉める感覚でスイングしてください。
(要は体を開かずに腰を回せばいいのですが。)





 上半身の使い方

 ◆ バットの握り方
バットは手のひらで握らず、両手指の付け根にバットのグリップを置き
小指薬指で握るようにします。
他の指は軽く握るようにしてください。
手のひらで握ったり、両手の指全部に力を入れて握ると
スイングが波打ったりバットのヘッドが走らなくなります。
また、両手の指の第2関節がまっすぐになるのが基本です。
この握りなら、インパクト時に最もスムーズに手首が返ります。
 ◆ 構え
バットを立てて構えます。バットを寝かせると打ちにいく時にヘッドが下がる可能性があります。バットの位置は、リラックスして構えられる位置にしてください。肩はピッチャーに対して平行になります。
ピッチャーのモーションに対して、まず下半身が始動します。
そしてバットのグリップは右耳の後ろに引かれます。
このとき、左腕とひじのはりがタメとなります。
 ◆ スイング始動
左右の脇を占め、両肘を下方向に閉めていきます。左ひじはやや余裕をもたせ、右ひじは右わき腹の方向へ閉めていきます。
 ◆ インパクト
頭の後ろから最短距離にバットを出しボールを強く打ちます。左手のリードでスイングを始動し左手の甲でボールを打ちに行ってください。
インパクトの瞬間、左手は立っており、右ひじは右わき腹にくっつきくの字になっています。そして右ひじと右手首でバットを押し両手首を返していくのです。
これがバットにボールを乗せる、ボールを運ぶということなのです。
その後、右ひじは伸びていき、右手首はバットを押しつつ両手首が返っていくのです。この時、左右の腕ひじは一直線に伸び、両脇はしまってなくてはいけません。
 ◆ フォロースルー
インパクト後のバットの動きをフォロースルーといいます。基本的にコースの打ち分けでバットの位置も変わってきますので、自然な形でいいと思います。ただ左脇と左ひじが大きく体から離れていくフォロースイングだと、インパクトの瞬間に力がぬけてしまいます。
<Back>
<Top page>